TREN TEE TUN(トランテアン)


2006年7月22日公開の東芝エンタテインメント配給映画、
『神の左手 悪魔の右手』で、谷ヨシコ(前田愛)の自宅として登場。

帰宅時にお店が、朝のシーンで2階の部屋が登場しました。


 ロケ地紹介

  埼玉県本庄市にある、「TREN TEE TUN(トランテアン)」です。

  一見すると、田舎のケーキ屋さんという雰囲気ですが、
  地元では人気のケーキ店で、車で遠方から来る人も多いようです。

  映画内では、愛ちゃんのケーキを食べるシーンはありませんが、
  北関東を代表する人気店4人のオーナーシェフが共同開発した、
  「極みロール」と「極みバウム」がオススメだそうです。(^^)


 ロケ地写真(クリックで拡大画像)




 ロケ地情報

  【所在地】
   〒367-0025 埼玉県本庄市西五十子26

  【営業時間】
   10:00 〜 20:00

  【定休日】
   毎週火曜日・第3月曜日

  【公式HP】
   なし

  【地図】
   


 アクセス

  公共交通機関で
   ・JR高崎線「本庄」駅南口より、徒歩20分。
    (駅前のレンタサイクルを利用すると便利です。)


 取材メモ

  翌週にディズニーツアーを控え、恒例の入場券事前交換を兼ねた旅。

  ムーンライトながらで岐阜を出発し、訳あって碓氷峠経由で本庄へ、
  高崎線の本庄駅で電車を降り、iタウンページで地図を確認しながら
  歩くこと約15分。全く迷わずに着くことができました。(^^)v

  映画内で見る限り、閑静な住宅街にあるような印象受けましたが、
  実際はすぐ近くを県道が走っていて、かなり交通量のある場所でした。
  お店はそれほど大きくなく、写真のままという感じです。

  ただ、地元でかなりの人気店らしく、子供連れやカップルなど
  お客さんが次から次へと来て、取材ができないほど。o(>_<)o
  お客さんが切れた合間にお店の写真を撮影させてもらいました。

  常温での保存がきかないとのことで、今回ぼくは購入を控えて、
  試食だけさせてもらいましたが、「極みロール」はオススメ!
  本庄へ行かれた際には、ぜひお立ち寄りください…。(^o^)/

  お店の名前「トランテアン」はフランス語で、数字の「31」を表し、
  この数字はオーナーがお店を始めた歳なんだそうです。(^^;

  取材後、舞浜でチケットを交換して、在来線で岐阜へ戻りました…。(爆)

取材日:2006年7月30日


旅行センターへ