長谷寺


2007年2月2日放送のフジテレビ制作ドラマ、金曜プレステージ内
『浅見光彦シリーズ25・箸墓幻想』で、浅見光彦(中村俊介)と為保有里
(前田愛)が画文帯神獣鏡の発掘状況を調べる途中に立ち寄ったお寺です。

ドラマでは、登廊と本堂の舞台が登場しました。


 ロケ地紹介

  奈良県桜井市初瀬にある、「長谷寺」です。

  真言宗豊山派の総本山、また西国三十三所観音霊場の第八番札所
  として、多くの人々の信仰をあつめています。

  仁王門から本堂へ続く登廊が印象的で、399段の石段を登っていくと、
  春には桜と牡丹、夏には紫陽花、秋には紅葉、冬には寒牡丹…と、
  一年を通じて四季折々の花を楽しむことができます。

  ドラマの中で中村俊介さんと愛ちゃんが登廊を下りてくるシーンが
  ありますが、実際の参拝ルートは仁王門から登廊をのぼって
  本堂へ行くことになります。(^^;


 ロケ地写真(クリックで拡大画像)




 ロケ地情報

  【所在地】
   〒633-0193 奈良県桜井市初瀬731-1

  【拝観時間】
   [ 4/1〜 9/30] 8:30 〜 17:30
   [10/1〜 3/31] 9:00 〜 16:30

  【拝観料】
   500円

  【定休日】
   なし

  【公式HP】
   http://www.hasedera.or.jp/

  【地図】
   


 アクセス

  公共交通機関で
   ・近鉄大阪線「長谷寺」駅より、徒歩15分。

  自家用車で
   ・名阪国道「針」ICを下り、そのまま名阪国道沿いの道を直進、
    突き当たりを左折、県道38号線を桜井方面へ約40分。
   ・西名阪道「天理」ICより、国道169号線を桜井方面へ約30分。
    桜井駅付近で近鉄大阪線とJR桜井線をくぐった後、
    国道165号線を左折、宇陀方面へ約15分。初瀬西交差点を左折、
    県道38号線を経由し門前町へ約5分。


 取材メモ

  先週末放送されたドラマのロケ地を探して、奈良をぶらり一人旅…。
  岐阜の自宅を出発し、桑名東ICから東名阪道・名阪国道を経由して、
  道の駅・針テラスで昼食。ここが今日の出発点となりました。

  まず「初瀬ダム」を見学した後、県道38号線を南下し「長谷寺」へ。
  早速駐車場に車を止めようとすると、駐車場代500円を徴収される。
  さすが奈良、お寺を拝観するのに拝観料と別に駐車場代がかかるとは。

  駐車場から坂をあがると、すぐ仁王門に到着。下に門前町があったので、
  一度坂を下って門前町から長谷寺を眺め、それから改めて参拝…。
  仁王門をくぐるとすぐに登廊が目に飛び込んできました。
  テレビで見ても良かったけど、生で見るともっと感動。O(≧▽≦)O

  その登廊を上っていく途中には笠をかぶった寒牡丹が咲いていました。
  石段を登りきると、本堂へ到着。参拝を済ませ、本堂の舞台へ…。

  京都の清水寺にある有名な舞台の縮小版と言うところでしょうか?
  大きさも半分以下ですが、立派な作りの舞台となっていました。
  そこから門前町や五重の塔も見ることができます。(^^)/

  この後、さらに南下して談山神社のある多武峰へと向かいました。

取材日:2007年2月11日


旅行センターへ